手に汗をかきながら読破しました

原作・綾辻行人さん、作画・佐々木倫子さんのコミック『月館の殺人』を読みました。『月館の殺人』は鉄道を舞台にした推理漫画です。ある事情により特別列車に招待された女子高生が連続殺人事件に巻き込まれ、そこから物語が発展していきます。
綾辻行人さんの本は読んだ事がないのですが、とても人気の推理小説作家のようです。そして佐々木倫子さんは私の大好きな漫画『動物のお医者さん』の作者です。
佐々木さんは少女漫画というよりも青年漫画のようなちょっと劇画チックな絵を描く漫画家さんです。ですので、推理漫画にもぴったりな絵柄なのですが、元々この人コメディ漫画を描く人なのでたまに陰惨な物語のなかにギャグが挟まってきてそれが少し違和感がありました。(少し辛口のコメントになってしまいましたが。)
犯行方法について少し疑問もありますが、最後に今までの謎が全て明かされる爽快感はさすが人気作家の作ったお話しだと思いました。
漫画でもかなり本格派ミステリーだと思います。お好きな方はぜひどうぞ!
たくさん汗をかきながら読みました。
もともと多汗症なのですが、今日は特に書いちゃいましたよ。
久保田式多汗症のサイトでもチェックしてみようかな。
久保田式多汗症